忍者ブログ

がらくたうちゅう

1次元から5次元まで…
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっと恥ずかしい過去の脳内会話〜2007/02/09

■ 勇気と信頼 ■ DATE 07/02/09



私は、おみくじのメッセージを送る時に

「勇気と信頼と共に」と

メッセージをしめくくる



勇気と信頼について、自分の中での意味はハッキリしているけれど、
敢えてそのことについて、人に説明したことはなかった。。。


   勇 気 と 信 頼



このメッセージ、いつの頃からか、ことあるごとに降りてきた
それは、根源的な深いもののように観じていた


人は、自分自身に向き合う時に、とても大きな勇気がいる。

見たくない、内側にざわめいているさまざまな感情。

怒りや悲しみ苦しみ孤独感。。。

それらを観る事に、どれだけの勇気がいることか。



そのことを考え続けて
 『判断』
が、人を苦しみに陥らせていると思った。


これは、自分の中に在ってはならない感情、いけないこと、許せないもの…
その「判断」が、知る事をさまたげている。そう思ったのだった。。。
まず、人は、自分のそういった感情に気が付かないし
気が付いても、その深い所までは観ようとしない。
表面的な『否定』、ネガティブなものに捕われ、それをまた否定する。
否定してはいけない、という否定。否定に否定を上塗りしていく。
否定の上に否定を繰り返して行く事で、本当のところの光に辿り着けない。

そのひとつひとつに光を当てて「観る」ことは、本当に勇気のいる事なのだ。

最初は、判断を捨てる事に焦点を当てて、色々考え込んだ時期があった。
そこで、『禅』の、「無分別」ということを知った。
全ての事柄に、「分別」をしない。

あってあるがごとし、ありのまま。

それを、身を持って「識る」ことが課題になった。


そして、少しずつ、分別の世界から身を放していくようにしていった。

でも、人間の中には、澱のように、さまざまな感情が癒されずに残っているのも事実だった。

そうしたことから、ひとつひとつ感情を癒していくよりも、今、感じて観じていることにスポットを当て、それ自体として受け止める、ということをオノレに課していった。分別して分離してして、切り刻まれたオノレというものを、「今」という瞬間に統合していこうという作業



なによりも、今、から離れない。

それをするにの、一番必要だったのが、

「勇気と信頼」だったのだ。

自分の中に踏み込む、踏み込んで踏み込んで、底の底まで自分を観じてみる。



そうすると…

自分というものは存在していないという事に、
まさに、宮島でダライラマの法話の中に観たことが解った(ような)


自分というものは、在って無きもの。
でも、無いわけではない。
でも、在る訳ではない。


そこのところに、【粗】と【微】という問題が見えてきた。


粗いレベルでの「知」と
微細なレベルでの「知」


知る、ということの奥の奥を掘り起こすと、
そこにあるのは光だと感じ観じた。

まだまだまだ私は到底そのレベルにはいない。
でも、その微細なレベルにあるのが、光なのではないだろうか、ということを
なんとなく感じているだけ。


古来の、行者たちは、このレベルに達そうと、さまざまに行をしてきたと思う。
でも、今の時代に、そんな行は不要に思われる。。。

ただ、自分から逃げずにそこに踏みとどまること。


そして、それを微細に微細に細かくしていくこと。



今わたしが感じているのは、そんなレベルのこと。


最終的に、魂の自由を得る、それを知ることが
3次元に居る意味だとも思っている。。。。。

いや、いつの時、どの場所、どの次元でも
いつでも、魂は自由だったのだ。

ただ、みなそのことを忘れ果てている。
今という時、魂の自由だったことを
ただ
普通に思い出す事が始まっているだけなのでは
ないだろうか…




意識変革の窓「星形二重正四面体」

…マカバ瞑想でイメージする星形二重四面体。
なかなか、映像として把握するのが難しいので、描いてみたわけ。
結構いい感じで出来たので、オリジナルカードに加える予定デス♪

 
 1
PR

× CLOSE

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
LEIKO
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

× CLOSE

Copyright © がらくたうちゅう : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]