忍者ブログ

がらくたうちゅう

1次元から5次元まで…
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっと恥ずかしい過去の脳内会話〜2008/01/00

■ 選択と意志 ■ DATE 2008/01/00




「楽になる」という メッセージがいっぱい来てた
…全然楽じゃない…と 思っていたので 
半分文句を言いながら過ごしていた 


そんな中、 港区の禅寺【青松寺】http://www5.ocn.ne.jp/~seishoji/で行われていた
「仏教ルネサンス塾」というイベントの番外編が紀伊国屋ホールであり。
この春に見た上田塾長とダライラマ対談のビデオを再び見て
トークイベントを聞き。 

............ 再び仏教に向き合う 


このイベントの時、ダライラマとの対談の本を買った。
読み進むうち、見えて来たものがある。

   慈悲思いやり

いつもいつも、お題目のように耳にして来た言葉だ。
殆ど身体に抗体が出来てしまったかのような言葉だ。

…の、だが。
 
改めて、新ためて、『慈悲と思いやりと愛』

何故これほどまでに、ダライラマは慈悲と思いやりを 
世界に向けて発信し続けているのだろう… 
それは、チベットの悲惨な状況が背景にあるのはもちろんだけども、
それ以上に、時代に押された法王自身の心の質が、彼にエネルギーを与え続けているからだ、と、本を読んで思った。


ダライラマは、観音菩薩の化身。 

菩薩とは、仏になりなさいという、阿弥陀仏の勧めを断って
衆生の苦しみを救いきりたい、という祈願のもとに 
転生を繰り返している存在だ。 

衆生救済の為には、怒りもし、執着もする。
そのダライラマを、上田塾長は 

  「生死に先立つ『意志』がある。 
   存在に先立つものとして『意志』がある」


と評した。 


これだ。 

「意志」 

そして、「意識」「集中」「選択」





駅で、募金に行き会う。 肝移植を待つ人の。 
一度通り過ぎてから戻って、募金した。
臓器移植は賛否両論ある。 
でも、この移植を待つ人は、臓器移植を「選択」した。
ならば、その選択を応援しようと。
それは巡り巡って、自分の「選択」に力を与えるような気がしたからだ。



毎日、毎時、毎分、毎秒、人は選択し続けている。 
ただ、そこに意志の集中があるか無いかの違いがある。 

意志を以ての選択と 

選択に集中すること 

もんやりと選択する時代は終わったのだ。

目の前にあるもの全てに、意識からの、選択肢の呼びかけがあり、その中から、意志に因る選択が起こる。 


全ての事を自分自身で選択しているという認識。
自分の中に湧き起こる全ては「選択」されている。 

自分に。 

外界からの刺激に対して、内界の反応が起こる事は、
全て「選択」の上にある。 

わたしは、意志を以て、怒り悲しみ喜び楽しむ。
顕在意識がそれを認識し始める… 意識が意志を… 

今現在、わたしは呼吸と共にここに座り、立ち、歩き、空を眺め
目を使い、体で行為し。。。。 


全て、外的な働きかけに、選択し続けている自分がいる。
地球という星の日本という国に生まれ、両親を選び 
友を選び、仕事を選び、パートナーを選び、 
全ての環境を選んでいるわたし。 

それを、意識で認識しているか否か。 

意志の時代。 

「生死に先立つ『意志』に因って」
生き仏としてある、ダライラマ。


そんなことを考えながら歩いていると 
「LINK IT ALL」というファッションブランドの ロゴが目に飛びこんでくる。

これはまるで、私の中の内的会話…潜在意識と顕在意識が 
顕在化しているようなものだ。

果てしなく続く 
創造主と被創造主の会話。
被、の方も<主>というのが面白い。
共に同じ存在であるもの。 
友。 

自分の中に湧き起こる感情を観た
あきらかに、そうしようとして怒り(怒ろうとして怒り)
そうしようとして悲しみ(悲しもうとして悲しみ) 
そうしようとして喜び(喜ぼうとして喜び) 
そうしようとして楽しむ(楽しもうとして楽しむ)

リンクしていなかった場所にリンクして 
今までは、そう思えなかったことが 
そう思えるようになってきた。 

日常的に、潜在意識が投げかけて来る言葉は多い。



ところで
最近、潜在意識が頻繁に語りかけて来る言葉は
『センターポール』『因』『リンク』…
それを繋げることができなければ
潜在意識との会話は成り立たず…



はて…?

……因子か。
そうか。意志を育てる因子のことか。
それはどんなものだろうか。 

もしやそれは???

それは?




太陽と水と土の養分という因で 
種は大樹に育つ。 

感情は種。 

感情はポテンシャル。

感情は因。 

それを元に育つものがある。

解き放て。 


さらに言えば、 
自分が選択して内側から反応した事でまた 
自分自身への認識が深まる、というか。 
そこまでして、自分を導いている自分がいる、という …
驚きだ。

それは、俗に云う 「真 我」 というものだろうか。


… 

自分を育て、自分に気付かせ、自分を育んでいる自分。
一体全体、それは何???? 

自分に気付かせる為に、刺激し、反応を起こさせ
気付かせ、学ばせている。 


それも自分としたら、一体『ソレ』は。。。。






〜宙〜

全ては振動
あなたもわたしも共に振るえて存在している
 1
PR

× CLOSE

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
LEIKO
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

× CLOSE

Copyright © がらくたうちゅう : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]